FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

カインとアベル

なんとなく今年に入ってから、定期的に近所の白山神社に参拝しています。
初詣の時になんとなく買ってしまった神札を祀ったせいかもしれません。
神棚もなくて榊と水玉だけなんですけどね。
初詣のときにはあんなにたくさんの人で溢れていた境内は閑散としています。
鳥居からの参道は雪が深くて進めないのであえなく脇道からご無礼させていただきました。
いつも、あたりまえに、そこに存在してくれている神社。
今日は、縁あって甥っ子とお参りにきました。
はしゃいでいた甥っ子が、誰もいない境内に入った途端にトーンダウン。

ああ、そうか。

この空間は、人間を謙虚にします。

初詣のお祭り騒ぎでもなく、観光地の賑やかさもありません。
でもきっとそこにおられる神様の気配。
子供を産んでから、信仰というものを改めて考えるようになりました。
子供が母親に対する感情に似ている。
温かくて厳しい。
手に入れたいけれど、届かなくてもどかしい。
兄弟の確執も、母の存在によるところが大きい気がします。

兄弟の確執といえば、旧約聖書の「カインとアベル」を思い出しました。

カインとアベルは、アダムとイヴがエデンの園を追われた(失楽園)後に生まれた兄弟です。また、この二人の弟にセトがいます。カインは長じて農耕を行い、アベルは羊を放牧するようになりました。
ある日2人は各自の収穫物をヤハウェに捧げます。カインは収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げましたが、ヤハウェはアベルの供物に目を留めカインの供物は無視しました。嫉妬にかられたカインはその後、野原にアベルを誘い殺害します。その後、ヤハウェにアベルの行方を問われたカインは「知りません。私は弟の監視者なのですか?」と答えました。これが人間の吐いた最初の嘘としています。しかし、大地に流されたアベルの血はヤハウェに向かって彼の死を訴えました。カインはこの罪により、エデンの東にあるノド(נוֹד、「流離い」の意)の地に追放されました。この時ヤハウェは、もはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えます。また、復讐されることを恐れたカインに対し、彼を殺す者には七倍の復讐があることを伝え、殺させないよう刻印をしました。(Wikipediaより)

なぜ神様が、カインの捧げ物を無視したのか。
各宗派によって意見が分かれるところのようです。
アダムとイブの息子の話ですから、ユダヤ教だけでなくキリスト教徒やイスラムにも繋がる根幹のストーリー。
この意見の対立は、結構面白いのでお暇な方はネットで検索してみてください。(同名の韓流ドラマの情報がすごい量ヒットしてきますが)


さて、じつは甥っ子。今日は弟くんだけ連れてきました。
聞くとお兄ちゃんとケンカしたようです。
謝って仲直りするというので、二人の好きなカードゲームを二つ購入しました。
ちょっと嫌がらせしたくなった私
「どうせ兄ちゃんは、カードゲームのコト知らないんだから、二つとも自分のモノにしたら?」
弟くんは少し考えてから、ポッケにカードをねじこみました。
「にいちゃんはいつも僕に命令ばっかりだから」
そしてアベルはポッケに「えこひいき」をつめて家に帰ったのです。

しかし驚いたことに、家に着くと、走り寄ってきたお兄ちゃんにあっさりカードを渡してしまいました。

流石に何千年たっているだけあって、人類は進化しているようです。

カインとアベル。どちらがどうという問題ではなくて、この試練こそ神様からの贈り物ですよね。日本人の感覚ですが。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

差別の歴史

最近、実家の老犬が雷に驚いて逃走し、保健所で保護される事件がありました。

ずいぶん歳をとっているので足腰も弱っており、目もそれほど見えないので、心配した母や姉が三日ほど探し回り、最終的に友人の換言で役場に連絡をとったようです。

「あと数日で処分されるところだった・・・」

母は、安堵とも恐怖ともつかない複雑な表情で言いました。

ずいぶん保健所のおじさんに叱られたそうです。

しかし、保健所のおじさんだって犬を好んで殺しているわけではありません。道ばたで死んでいる猫やカラスだって彼らがちゃんと掃除してくれるから、私たちの生活は「見た感じがきれい」なのです。私たちが食べている牛肉や豚肉だって、誰かが殺して柵にしてパックしてくれるから食べられる訳で、
人間が生活する限り「死」に関わる職業がなくなる事はありません。

お肉を食べる時「この豚さんは食べられるために殺されたのだから、豚さんに感謝して食べようね」というお母さんを見たことがあります。たしかに死んでくれた豚さんにも感謝するべきですが、「これを殺してくれた屠殺場のおじさんに感謝しようね」と言われる事はありませんね。

さて、そんな話を聞きながら私の脳裏をかすめたのは、平安から奈良時代に確認されている検非違使といわれる人々です。犯罪者を捕まえたり尋問したり、刑を執行したりしていた人たちとされますが、そもそもは道や神社などの清掃をしていた集団だとされています。
平安時代に入り、仏教が「死」というものを忌まわしいものだと考えられるようになり、官位をもつ貴族たちは「死」をとりあつかう仕事をどんどん委託していきます。この頃、司祭を司っていた卜部や忌部なども、祭事に「死」が絡む場合、彼らに依存します。


そして彼らは武士になり・・・・穢多、非人と呼ばれていきます。



ここから先は、誤解を招きやすい内容で、かつ、まだまだ勉強不足な点がありますのでご了承ください。

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

恐怖の白い夜

白の民俗学へ 白山信仰の謎を追って白の民俗学へ 白山信仰の謎を追って
(2006/07/11)
前田 速夫

商品詳細を見る



お宅の傍に「白山神社」はありませんか?
私の家の近くには「白山長滝神社」という神社があります。
白山本宮の入り口「三馬場」の一つ「美濃馬場」と呼ばれる神社です。

今や私のライフワークとなった「白山信仰」研究。
この、白山信仰。
本地仏が十一面観音であり、同時に白山大権現。またの名を「菊理媛」
日本書紀の添え書きにちょろっと登場している謎の女神が奉られています。

養老元年(717)、泰澄大師によって開山された白山信仰ですが、それよりずっと前からこの地には民俗信仰が根付いていました。

一年のほとんどを雪に覆われ、春になると大河に清浄な水を与えてくれる。白山に対する古代人達の想像力は目を見張るものがあります。

さて、そんな本を読み漁っている最近ですが、こんな漢字ばかりの本を読んでいると眠くなるどころか、かえって眠れなくなります。それでも残酷に朝はやってくるわけで・・・。無理やり睡眠をとるために、睡眠導入剤は欠かせません。
しかし、この睡眠導入剤(スローハイム)。飲んでしばらくしてからと、眠りに落ちる瞬間までの記憶が吹っ飛ぶ代物です。
階段から落ちたのに覚えていなくて、謎の青たんに恐怖したり、
「おまえの後ろに背後霊がみえる」と、旦那様に対してイタコ状態を晒したり・・・。

そんな私を再び恐怖に叩き込む事件が起きました。
携帯電話で友達にメールを送ろうとしたところ、「シャワー」と入力したら「シャーマン」と変換され、
「右」と入れたら「巫女」と変換されたのです。


・・・・・・なに送信したの?私。



友人に確認したところ、やっぱり意味不明の奇天烈メールが届いていたそうです。
送信確認?


怖くてできません。




ちなみに「小説」と入力したら「聖徳太子」と変換されました。
チェーンメールよりたちが悪いです。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

あわわわわ

封印された「倭」の謎 (逆説の日本史)封印された「倭」の謎 (逆説の日本史)
(1993/09)
井沢 元彦

商品詳細を見る



なにげなく積み上げられた本を崩したら、図書館で借りっぱなしの本が出てきました。

「逆説の日本史」

すでに私の中では逆説は逆説ではなく。
むしろ一般論を聞かせてくれ・・・というほど読みました。

今は購入してますが、借りっぱなしだったなんて。失敗失敗★

今は14巻まで出ていますが、一巻だけでも読んでおくと日本史がすっきりよくわかるようになります。




歴史学者を必要以上に非難している感がありますが、学者さんたちが食いついてくるのを誘っておられるのでしょうか。
とってもケンカ腰で楽しいです。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

目から鱗の一冊

宗像教授異考録 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)宗像教授異考録 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2005/08)
星野 之宣

商品詳細を見る


私を間違った歴史の魅力の虜にした一冊。


もともとは、地元の神社の由来やらなんやら調べていただけの私に、
「へいへ~い。歴史には裏があるんやでぇ」
と語りかけてきた作品です。

本に書かれていることが、必ず正しいという訳ではないという事。

それを本で知らされる私。

「私は嘘つきです」と恋人に告白された複雑な心境です。


さて、内容について少々。

まず、「遮光器付土器」は、たしかに不思議な形ですよね。これと同じ時期の鳥と犬の土偶の写真を見たのですが、実に写実的。なのにこの「人間」に対してだけ大胆なデフォルメを施すのは不思議でなりません。

「あれはアーマゲドンゴッドだ」

旦那様の頭は石ノ森先生のおかげで腐ってますよ。

多分巫女を写実的に描く事を嫌った日本人の感性だと思うのですが、イタコと絡めたこのお話もすごく面白い。
現代の事件も絡めていく星野先生の才能はすごいです。

古代仏教のお話は、実はこのお話が私の人生の視点を変えました。
というか、この本がアンサーとして現れたみたいにぴったりと同じ事を考えていたのでびっくりしました。
あるんですねー。天からの声w

ちなみにこのシリーズまだ揃ってません。
おこづかい少ないのでちょっとずつ集めます。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

銀きのこ

Author:銀きのこ
22年6月に娘を出産。
更新途絶えてましたが再開します。

最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。