FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

差別の歴史

最近、実家の老犬が雷に驚いて逃走し、保健所で保護される事件がありました。

ずいぶん歳をとっているので足腰も弱っており、目もそれほど見えないので、心配した母や姉が三日ほど探し回り、最終的に友人の換言で役場に連絡をとったようです。

「あと数日で処分されるところだった・・・」

母は、安堵とも恐怖ともつかない複雑な表情で言いました。

ずいぶん保健所のおじさんに叱られたそうです。

しかし、保健所のおじさんだって犬を好んで殺しているわけではありません。道ばたで死んでいる猫やカラスだって彼らがちゃんと掃除してくれるから、私たちの生活は「見た感じがきれい」なのです。私たちが食べている牛肉や豚肉だって、誰かが殺して柵にしてパックしてくれるから食べられる訳で、
人間が生活する限り「死」に関わる職業がなくなる事はありません。

お肉を食べる時「この豚さんは食べられるために殺されたのだから、豚さんに感謝して食べようね」というお母さんを見たことがあります。たしかに死んでくれた豚さんにも感謝するべきですが、「これを殺してくれた屠殺場のおじさんに感謝しようね」と言われる事はありませんね。

さて、そんな話を聞きながら私の脳裏をかすめたのは、平安から奈良時代に確認されている検非違使といわれる人々です。犯罪者を捕まえたり尋問したり、刑を執行したりしていた人たちとされますが、そもそもは道や神社などの清掃をしていた集団だとされています。
平安時代に入り、仏教が「死」というものを忌まわしいものだと考えられるようになり、官位をもつ貴族たちは「死」をとりあつかう仕事をどんどん委託していきます。この頃、司祭を司っていた卜部や忌部なども、祭事に「死」が絡む場合、彼らに依存します。


そして彼らは武士になり・・・・穢多、非人と呼ばれていきます。



ここから先は、誤解を招きやすい内容で、かつ、まだまだ勉強不足な点がありますのでご了承ください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

今日は満月!!

私の妄想力よ!!!
雲を突き抜けてしまぇええええ!!!

という事で、今夜は一ヶ月の大行事。満月です。


見えないけどね!!!

満月で海水が上下するのならば、90%を超える水分保有量の人間にもなんらかの影響はあるものです。
出産率とか事故率とかね。
クレーターのぷちぷちってほとんど名前ついてんですよー。がんばれ探査衛星「かぐや」!!

雨で見えないけどね!!!

初めてのアユ掛けに行きました。釣果は3匹。ビキナーズラック!!
こういうのも満月って関係あるんでしょうか。

雨すごくてみえないけどね!!!


ちぇー

コンテントヘッダー

恐怖のパワーストーン

全国的にはどうなっているのか知りませんが、私の周囲でパワーストーンが流行っています。
例に漏れずに友人のうらめちゃん(仮名)が水晶のブレスレットをつけて遊びにやってきました。

うらめ「水晶はねえ魔よけなんだって。石にはみんな意味があるらしいよー?あんたはどんなのをつけたい?」

きのこ「うーん。高いんだけど、翡翠がほしいんだよねえ」

う「ほうほう。翡翠は冷静な判断力を身につける事ができるんだよね」

き「へえ。翡翠といえば物部氏だよね。神道の司祭を司った一族なんだけど蘇我氏と聖徳太子一派にやられちゃったよね。どうやら後の藤原氏がこの物部の血を引いているらしいけどどうなのかなー。銅鐸や鉄剣も造ってたから武力も持っていてモノノフっていう言葉も物部からきてるんだって。そういう文明を持ちながら日本の神々を祭ってたってすごいよね。曲玉って翡翠でできてるものが多いでしょ?司祭を牛耳ってた物部が翡翠の流通も牛耳ってたんじゃないかと思ってね。だからなんとなく翡翠がほしいんだー」







私なりに、流行りに乗ろうとした結果。
しっかり引かれました。

どんびきです。

コンテントヘッダー

自分でびっくり

久しぶりにパソコン開いてびっくりしました。
記憶に残らない私から、私へのメッセージでしょうか。

怖いです。

数年前にわずらったうつ病の後遺症(?)で、こういうものを飲まないとすっかり寝れなくなってしまいました。まあ、飲まないと朝まで本を貪ってしまったりするんで仕方ないといえば仕方ないです。

梅原猛を読んでいるので、「聖徳太子が・・・」とか言っているのだと思います。

怖いです。すいません。

この状態で友人の恋愛の相談を受けた事があります。

記憶にありません。すいません・・・。
コンテントヘッダー

全てから抹消される運命のわたしの心

眠剤

こいつを飲むと最初に味覚が無くなり、からだのバランスが狂い精神的にも袋小路につきとばされる。

こういった時に吐く言葉は、わたしの記憶にも残らない。
けーたい更新で1文書いたら楽しいきがする。
なにより
朝起きた時にじぶんがわくわくする。

いまも朦朧と…いろんなものが目の前を通過する。


今日の一服。

聖徳太子って…生きてても死んでもめんどうなひとだね
コンテントヘッダー

もう貴方にメロメロ

造物主(ライフメーカー)の掟 (創元SF文庫 (663-7))造物主(ライフメーカー)の掟 (創元SF文庫 (663-7))
(1985/09)
ジェイムズ・P・ホーガン小隅 黎

商品詳細を見る


かわいらしいピーターラビットのブックカバーを新調したのですが、分厚すぎておさまってくれなかったSF小説。
やっと読み終えました。

もうね、J・P・ホーガン様はすごい!!

なんなんでしょう。この読みきった後の爽快感。

異星で工場を創設する事だけを目的に作られたロボット達が、超新星の爆発で狂い、独自の進化を遂げていた・・・という内容なのですが、

なんと言ってもエピローグで展開される工業用ロボット達の進化の過程は、発想と知恵の集大成で、最初から病みつきになります。

進化・・・そして宗教の持つ意味について考え直してしまいました。

以前、知人が「SFって最終的に宗教に答えを求めたりするよね」と言っていましたが、たしかにそんな気がします。



そんな事はともかく

ピーターラビットのブックカバーでこれ読んだらすごいギャップで旦那もびっくり。
次に控えているA・Cクラーク「幼年期の終わり」はしっかりおさまりました。ふひひひ

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

銀きのこ

Author:銀きのこ
22年6月に娘を出産。
更新途絶えてましたが再開します。

最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。