FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

木曽馬牧場に行きました

陽気がよいので、旦那様とモーニングへ・・・。

ついでなので、愛犬モエも入れるドッグ喫茶へ・・・。

近場にはないので、隣町の山の上にある「ひるがの」まで・・・。

たまには刺激がほしいお年頃・・・。


と、いうことで
木曽馬牧場に行きました。

木曽馬は長野県木曾地方で主に飼育された農耕馬で、本州では唯一の在来種とか。
一時は種馬が一頭になり絶滅寸前にまで陥った一族です。
ですが保存会の皆様の努力により、現在では200頭あまりまでその数を増やしているそうです。

1000円でグラウンドを一周。馬の名前はモモコちゃん。

「木曽馬って、すっごくおとなしいですね」
手綱を持った飼育員さんにはなしかけると、
「でも、すごく頑固者が多いんですよ」
と笑顔で返してくれました。

さて、木曽馬・・・。

日本では、平安時代から江戸時代にかけて農耕や軍用として使われてきた彼等。
大河ドラマなどでは足の長い西洋種にまたがる武者が描かれていますが、実際の馬は短足で後ろ足が外側に向かって曲がっており、これに鎧武者がまたがってもあまりいい絵にはなりません。
明治に入って軍用は西洋種になり、木曽馬はその数が減っていったとか。
もともとは蒙古の大陸系の馬で、紀元2~3世紀に朝鮮半島経由で渡来したようです。

ぜんぶウィキペディアの知識ですけどね。グーグルって便利★

ここで、いつもの妄想が・・・。

内陸の「長野県」に、なぜ、渡来した馬が生息したのでしょう。

飛鳥時代に入って放牧が始まったようですが、なぜ・・・「信州」?
馬だけが渡来するわけがないので、人間が日本に連れてきたのは明らかです。太古の渡来民俗といえば、「秦氏」が有名ですね。あらゆる知識と文化をもった渡来民俗たち。彼らに出会った古代日本人たちはどう感じたでしょう。

たぶん、神の光臨だと思うでしょうね。

その神の連れてきた不思議な力持ちの動物が、なぜ、内陸部中心に飼育されたのでしょう。

ひとつは、木曽馬自体が山間部に適した馬であり、平地においてのその利用価値が理解されず廃れて行き、山奥である信州に残った。

もうひとつ・・・・

信州・・・・

信州といえば・・・・道祖神と赤口信仰

不思議と渡来系の文化が根強いのです。そして、「赤口」とは、諏訪大社を中心とする謎の多い信仰で、一年間宮司を務めた人間を人身御供として献上していた形跡があるのです。

つまり、生贄信仰。

人身御供に反感を覚え始めた古代人たちが、神がもちこんだ大型動物にその役割を委ねていったとは考えづらいでしょうか?

こんな事を考えていたら、モモコちゃんのグラウンド一周はあっという間に終わってしまいました。
またがった腿の部分がとても温かくて、たてがみは若葉の香りがしました。

「ありがとう」

そう言って、モモコちゃんの瞳を覗き込むと、モモコちゃんも私の目を見つめてきます。




ん?





馬の瞳孔って、横線なの!!??

ちょっと気持ち悪いです。
馬の目は優しいなんていいますが、思い込みを捨てると新しいモノが見えてくるのですね。

ひるがの高原ホープロッジHPはこちら
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ♪
いつもポチ逃げして済みません。ブログ改造されてから、とても素敵にはなったけど、時間がかかるのが難点。「コメ置き」となると、さらに待ち時間か長くなるのでつい々億劫になります(ごめんなさい!)
再度の感想をとのことですが、恥ずかしながら「本」と名の付くものは30年以上?読んでいませんので、困惑しているのですが・・。遠い記憶の「嵐が丘」かな?筆のタッチがヨーロピアン・タッチの文豪を思いだしました。(ちょっと褒めすぎ~汗!)
「馬のお話」興味があります。これは精査していない私見ですが、「馬や駒」のつく地名が岐阜南部と浜松。それに出雲は、他の地に比べて多いような気がしています。

コメントありがとうございます。
やっぱり重いみたいですね・・・考えます。
感想ねだってごめんなさい。

馬と駒の地名・・・たしかに!!!
調べたらおもしろそうですねっ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

銀きのこ

Author:銀きのこ
22年6月に娘を出産。
更新途絶えてましたが再開します。

最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。